先生

自分に合った方法

相談

更年期障害治療の治療は症状に合わせた治療を受けましょう。信頼できるホームドクターを探して更年期障害と向き合っていくことが必要です。抗うつ薬や抗不安薬やカウンセリングなども効果があります。信頼できる医師を見つけましょう。

詳細を確認する...

誰にも可能性がある

相談

特にある程度の年配の女性に多く見られるのが、更年期障害です。この治療としてまず行っておきたいのが、手軽にできるサプリメントの使用です。しかし、やはり最終的には専門家の医師に相談して治療していくのが理想的です。

詳細を確認する...

治すためには

相談

更年期障害という病気を治療するに至っては普通の病気や風邪を治す感覚であるため、患者自身の負担がかからないことが人気の要因でもあります。しかし最低でも数ヶ月は通院することになるので、病院やスタッフなどの対応力については十分に考慮する必要があります。

詳細を確認する...

避けられない症状

更年期障害の治療

相談

更年期になるとなる人が多いのが更年期障害です。更年期障害とは、45歳から55歳にかけての更年期にホルモンバランスが崩れることで起こる心身異常です。具体的な症状としては発汗、ほてり、冷え、頭痛、関節痛、孤独感、イライラ、頻尿、肥満などがあります。 更年期障害の治療に関しては、病院で健康保険が適用されます。治療法には、ホルモンを増やすホルモン補充療法、抗うつ剤や抗不安材の投与、サプリメントや漢方薬、心理療法、プラセンタ注射などがあります。 更年期障害の症状は個人差があり、中には症状がでない人もいます。しかし、深刻な症状がでる人もいて、そういう人は1人で抱え込まず、積極的に病院に行って治療を受けることが大切です。

自分で出来るセルフケア

更年期障害は周りの環境を変えたり、食生活を見直したりすることでもある程度緩和できます。 ストレスが溜まりやすい人は、何か体を動かす趣味を見つける事をお勧めします。ジョギング、ウォーキング、ゴルフ、ヨガ、フラダンス、ベリーダンスなど、体を適度に動かすことで代謝がアップしてリフレッシュ効果があります。旅行や登山もおすすめです。 食事は毎日三食しっかりとり、女性ホルモンの働きをサポートするイソフラボンが含まれた食品を積極的に食べると更年期障害の治療に繋がります。イソフラボンは豆乳、納豆、豆腐などに含まれています。 イソフラボンのサプリメントもあります。ローヤルゼリーやプラセンタエキスのサプリメントも更年期障害に効きます。